万房製陶所日記。
by strummer_village
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ザ・日常
展示会日和
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ねこ展@札幌asa
f0054289_9155062.jpg

f0054289_916116.jpg



ある日、札幌にある器と雑貨の店asaさんから「ねこ展」のお誘いがくる。
asaさん、急にどうしたんだろうと思っていたら、
やっぱり!春から猫を飼いだしたとのこと。
猫はどうしてこうも人間をメロメロにしていくのでしょう。

先日、asaさんの写真をみたら、
とても5ヶ月には見えない風格の猫が堂々たるカメラ目線。
勝手に勝新ネコとあだ名をつけました。

猫好きの猫好きによる猫好きの為の企画展。
猫の手クッキーや猫オブジェ、猫の御飯皿等々、
店内は猫パラダイスとなっているようです。
お近くの方は是非!

ねこ展
2016.6.27〜7.2
11時〜17時
札幌市中央区大通西8-2-39 北大通ビル11F
器と雑貨asa
[PR]
# by strummer_village | 2016-06-30 09:40 | 展示会日和
個展のお知らせ@トライギャラリーおちゃのみず
f0054289_10203912.jpg



6月23日(木)まで、御茶ノ水にあるトライギャラリーさんにて
個展を行っています。
毎回毎回、神保町の駅からトライさんに向かう道すがら、
古本屋さんを覗かないぞと心に決めて家を出るのですが、
何分お店の外に出されたワゴンの中の特価本を知らず知らず目で追い、
そしてうっかりちょっとだけ時間があるからとお店に入ったら、もうそこでチーンと音がして、
ハッと気付くと今年もまた重い袋を抱えて歩いていました。
神保町魔のロード。
思えば初めて神保町のレコード屋さんで働いた時に貰ったお給料は封筒で手渡されたのですが、
静かな古本屋さんの片隅でため息をつきながら袋を破って
柳宗悦の布張りの「茶の本」を買ったのを思い出します。
そういう人、沢山いるんだろうなと思いながら
どんどん重くなる手荷物にため息ため息。

今回は窯の温度が上がらずに四苦八苦して、
最終手段で枯れ竹を焚べていったのが功をなして
部分的に海鼠釉になった飴釉の器がチラホラ。
ちょっと気に入っています。

ではでは みなさんもトライさんへの道すがら、
魔の古本ロードをお楽しみください。
ちなみにこの一帯は古本だけではなく、
魔のカレーロード、魔の楽器ロードでもあります。
オシャレブルーのブライアン・セッツァーモデルのグレッチギターが40数万円。
酔っ払った帰り道、ついついお店の前でじっと見つめてしまいました。
ではでは またいつか。
[PR]
# by strummer_village | 2016-06-19 10:50 | 展示会日和
個展のおしらせ@コホロ(大阪)
f0054289_10162586.jpg



ハッと気づくと向かいの山では桜が満開、
あちこちの道路わきでは菜の花がこれでもかと咲きほこり、
一気に視界が明るくなったような気分です。

お正月明けから休みなく作ってきたのもひと段落。
先月の名古屋に続いて、今度は大阪の淀屋橋コホロにて個展をおこないます。
こちらは東京の二子玉川にあるコホロの大阪店なのですが、
ELMERS GREENのコーヒーカウンターもあり、
店内でコーヒーを飲んだり軽食を食べたりできます。
そしてこれがまた美味しいのです。是非是非。

淀屋橋コホロ
2016.3.26-4.4
大阪市中央区今橋3-2-2
11時~19時
www.kohoro.jp



さて一年前心臓発作でもうだめかもといわれてしまった猫フラニーは
時々水を飲んで咳き込んだり、ちょっとくったり寝ているときもあるのですが、
検査数値も安定して、ダイエットも成功。
ビビリ犬フジ子の教育係も立派にはたしております。

f0054289_10414168.jpg

犬はちょっと鼻をくっつけてあいさつしたかっただけなのに
f0054289_1047311.jpg

右フック
f0054289_10473257.jpg

左フック。。。。。


良い春を!!
[PR]
# by strummer_village | 2016-03-25 10:56 | 展示会日和
個展のお知らせ@名古屋
f0054289_18291961.jpg

f0054289_18303955.jpg



2月27日より、名古屋にあるギャラリーsahanにて
初めての個展を行います。
名古屋というとモーニング、味噌カツ、あんかけパスタ、手羽先、八丁味噌、おでんにきしめんと
食べ物のことばかりスラスラ出てきてしまうのは、
学生時代の友達がせっせと愛知のすごいものを送ってくれるから。
そのこれでもかとばかりに八丁味噌が使われたお菓子のバリエーションに圧倒されて
なんだかいつの間にか愛知にはかなわない、という心持ちになっています。

さて、念願だった薪窯が本当にギリギリで出来上がり、
窯の屋根を作って3日後に本焼というヨレヨレで半ベソをかきながらの窯焚きも終わり、
今日やっと窯出しをして、きちんと焼けていることにホッとしました。
これが失敗したら初名古屋で初土下座かしらと眠れぬ夜もありましたが、
やっと今日からゆっくりした気持ちで過ごせそうです。

今回作った窯は、益子で出会ったフランス人のジュヌーブさんから教えてもらった窯で、
オーストラリア人のユアンさんという陶芸家が考案した倒炎式の角窯です。
薪を入れながら、思わずユアンさんに感謝の念がわいてくるくらい
とても焚きやすく良い窯です。
まだ今日も灯油の窯を焚いていたりとバタバタが続いていますので
薪窯や焼き上がった器の写真はまたいつか。

裏山ではイノシシやアナグマが土の中のタケノコを食べはじめ
梅の花にはホーホケキョ。
まだまだ寒いけれど、春はもうここまで来ているようです。
ごきげんよう。
[PR]
# by strummer_village | 2016-02-21 18:55 | 展示会日和
個展のお知らせ@恵文社
f0054289_113992.jpg


今朝、犬の散歩をしていたら
イチョウの木が黄色くなっていることに気づきました。
どっぷり秋です。
前回どおり携帯から投稿しようとポチポチ文章を打ったのに、
なぜかエラー表示で送信できないと頭を抱えていたら、
試しに開いてみたiPadからなんだかいけそうな予感。
前回は投稿フォームすらでてこなかったというのに、
全くハイテクのやることがわかりません。
今後の人生、こうやってハイテクに振り回されながら過ぎていくのでしょうか。
ちょっと不安です。

さて小さい頃から本屋が好きで好きでたまらなかったのですが、
今度の恵文社は入り口が見えてきた段階で、
もう悩むのはやめにして欲しい本を買ってしまおうと思えてくるお店。
そして知らないままでいられたら、
こんなにお財布が軽くなることもなかったのに、という本まで
お店を出るときには両手にぶら下がっていたりして
家に帰ってからハッと我にかえることもしばしば。
なぜに私は中世ヨーロッパの奇人の収集部屋なんてハードカバーの分厚いオールカラーの本を
我が家のインテリアの参考になるなんて思ったのでしょう。
この家、オール和室だというのに。

そんな魔窟のような本屋さんに日常使いの器が並びます。
食器以外には、一度はやってみたかった麻紐でくくった絵具皿12枚セットや
ヒヤシンスの水栽培にも実はぴったりの筆筒、
そして一体これをどうしろと、とツッコまれそうだけれど
こんな御時世ですもの百福百寿200個セット。
はてさて、最近定番になりつつある願望シリーズ豆皿、
「私は本を読んでいたい」も勿論作りました。

秋の京都、是非足をお運びください。


恵文社一乗寺店@京都市左京区
2015年10月10日ー23日
10時〜21時(最終日は18時まで)

※10月1日ー12月13日まで、右京区にある李朝ミュージアム売店においても
器の取扱いがあります。今季は李朝の木工品の展示です。こちらも是非!
[PR]
# by strummer_village | 2015-10-09 12:13 | 展示会日和