万房製陶所日記。
by strummer_village
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ザ・日常
展示会日和
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ねこ展@札幌asa
f0054289_9155062.jpg

f0054289_916116.jpg



ある日、札幌にある器と雑貨の店asaさんから「ねこ展」のお誘いがくる。
asaさん、急にどうしたんだろうと思っていたら、
やっぱり!春から猫を飼いだしたとのこと。
猫はどうしてこうも人間をメロメロにしていくのでしょう。

先日、asaさんの写真をみたら、
とても5ヶ月には見えない風格の猫が堂々たるカメラ目線。
勝手に勝新ネコとあだ名をつけました。

猫好きの猫好きによる猫好きの為の企画展。
猫の手クッキーや猫オブジェ、猫の御飯皿等々、
店内は猫パラダイスとなっているようです。
お近くの方は是非!

ねこ展
2016.6.27〜7.2
11時〜17時
札幌市中央区大通西8-2-39 北大通ビル11F
器と雑貨asa
[PR]
by strummer_village | 2016-06-30 09:40 | 展示会日和
個展のお知らせ@トライギャラリーおちゃのみず
f0054289_10203912.jpg



6月23日(木)まで、御茶ノ水にあるトライギャラリーさんにて
個展を行っています。
毎回毎回、神保町の駅からトライさんに向かう道すがら、
古本屋さんを覗かないぞと心に決めて家を出るのですが、
何分お店の外に出されたワゴンの中の特価本を知らず知らず目で追い、
そしてうっかりちょっとだけ時間があるからとお店に入ったら、もうそこでチーンと音がして、
ハッと気付くと今年もまた重い袋を抱えて歩いていました。
神保町魔のロード。
思えば初めて神保町のレコード屋さんで働いた時に貰ったお給料は封筒で手渡されたのですが、
静かな古本屋さんの片隅でため息をつきながら袋を破って
柳宗悦の布張りの「茶の本」を買ったのを思い出します。
そういう人、沢山いるんだろうなと思いながら
どんどん重くなる手荷物にため息ため息。

今回は窯の温度が上がらずに四苦八苦して、
最終手段で枯れ竹を焚べていったのが功をなして
部分的に海鼠釉になった飴釉の器がチラホラ。
ちょっと気に入っています。

ではでは みなさんもトライさんへの道すがら、
魔の古本ロードをお楽しみください。
ちなみにこの一帯は古本だけではなく、
魔のカレーロード、魔の楽器ロードでもあります。
オシャレブルーのブライアン・セッツァーモデルのグレッチギターが40数万円。
酔っ払った帰り道、ついついお店の前でじっと見つめてしまいました。
ではでは またいつか。
[PR]
by strummer_village | 2016-06-19 10:50 | 展示会日和