万房製陶所日記。
by strummer_village
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ザ・日常
展示会日和
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
個展のおしらせ
f0054289_20555295.jpg



今週の金曜日12月7日から13日まで、
御茶ノ水にあるトライギャラリーにおいて個展を行います。
時間は12時から19時まで。
7,8,9日と在廊の予定です。

昨晩からひたすら梱包をつづけて、先程無事に発送いたしました。
只今、スッカラカンになった部屋にいるのですが、
器の写真を一枚もとっていないことに気づいてちょっとがっかり。

鳥象嵌の鉢や白土で作った花器、三島の徳利、三島と刷毛目の片口、
刷毛目の丼、あれやこれや。
染付は豆鉢や小皿などなど。
壁には土仏が少々、という展示になる予定です。

これを書きながら、あ、白土で線刻のみの鉢やお皿を作ればよかったって思いついて
早くロクロの前で作業をしたいなと働く気満々になっております。
大分に住み始めて丸一年。
ちょうど震災で揺れているときに、個展の搬出でトライさんにいたこともあり
思い入れたっぷりの展示です。
是非、御高覧ください。



2012年12月7日(金)~13日(木)
12:00~19:00 会期中無休

トライギャラリーおちゃのみず 
東京都千代田区神田駿河台3-5
03-3291-5811






○雑誌掲載のおしらせ
家庭画報一月号 お正月料理特集112頁、宮澤奈々さんのしつらえで
福の字が箸置として使われています。
福の字は、原宿のスタイルハグギャラリーにて販売しております。
こちらも是非。
[PR]
by strummer_village | 2012-12-04 21:31 | ザ・日常
イベントのおしらせ
f0054289_22155738.jpg



さて、お久しぶりです。
一昨日から、こちらも本格的に空気が冷たくなりました。
でも日中はまだまだ車の窓をあけたくなる陽気です。
前回の更新からパタパタとひたすら作りつづけていました。
窯が冷める暇がない、というありがたい状態も一段落、
12月は伊勢丹新宿店5階でおこなわれる田中敦子さんのイベントからスタートです。




「田中敦子が選ぶ、新春を彩る手のしごと展」

12月5日(水)~18日(火)
伊勢丹新宿本館5階=グローバルダイニング


もうすぐお正月。一年の始めだから、ささやかであっても気持ち新たに迎えたいと思います。玄関やリビングを清々しいお飾りで華やがせたり、テーブル回りを、いつもより改まったしつらえにしたり。お正月はもちろん、うれしい日、特別な日にも使いたい器、モダンインテリアに似合う飾りなど、今の暮らしにふさわしい日本の手仕事を選びました。

おすすめのオリジナル○飯田水引細工×東京松屋の新春飾り、輪島キリモト・桐本木工所の重箱、
讃岐かがり手まり保存会の新春手まり、大麻博物館の幣飾り、佃眞吾×関美穂子の羽子板

参加工房、作家○重箱、折敷、酒器などの漆器、木工…漆工房攝津、桶栄、高田晴之、佃眞吾、山口浩美、輪島キリモト・桐本木工所/皿、酒器、花入れなどの陶器…川島いずみ、二階堂明弘、林真実子、水垣千悦、吉田直嗣、若杉聖子/酒器、花入れ、器などガラス…小川郁子、中野幹子、三浦世津子/ぽち袋、年賀状、祝い箸、ランチョンマットなど…東京松屋、関美穂子、田村智美/風呂敷や袱紗、飾りもの、お香など…縞縞、宮井、讃岐かがり手まり保存会、松栄堂、染め司よしおか、田中作典/お正月支度の台所道具…辻和金網の焼き網、大川良夫のセイロや裏ごし、桶栄の飯台、勅使河原隆のおろし金





着物や工芸の本を執筆されている田中敦子さん、
初めてお会いしたのは知人の展示会の席でした。
美味しいお酒がたくさんある居酒屋での飲食の後、
奇声を発している陶芸家集団と共に駅までの帰り道を
素敵な着物姿で楚々と歩いている姿がまぶしかったです。
なぜあれだけレロレロな群れの中を静かに静かに歩けるのか、
わたしは酔っぱらっていながらも薄目でチョロチョロみていたのですが、
なんだかいいものをみたという感覚だけが残りました。
15日15時からは田中さんとエッセイストの高森寛子さんによる
「漆器を上手に楽しく使う」というギャラリートークもあります。
是非。








○個展のおしらせ

12月7日~13日 トライギャラリーおちゃのみず(東京・御茶の水)
[PR]
by strummer_village | 2012-12-01 23:11 | ザ・日常