万房製陶所日記。
by strummer_village
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ザ・日常
展示会日和
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
粟嶋神社
町へ行くときは、海沿いの道を車で走るのですが、
その道すがら、気になる看板がわらわらとでてきます。

ストーンサークルはこちら、とか
両子寺まがる、とか、日本一夕陽のきれいな海岸、とか。

町へでかける用事があるときは、なるべく一つ気になるところへ寄ってみようと思っています。
今日は粟嶋神社というところへいってみました。
本当の本当に海ぎりぎりのところに社がある小さな神社でした。
私が行ったときは、ちょうど満潮でしかも強風だったため
火曜サスペンスに出てきそうな雰囲気でした。

f0054289_201124.jpg

社の後ろのところには風化でできた大きな穴が。
このあたりは、小石まじりの砂ッ気が強い土壌が多いのですが、
海沿いを散策していると、こんな感じの穴や穴になりかけの洞窟をちらほらみかけます。

さてこの神社「婦女子に信頼が厚く縁むすび、安産等、女性の仕合せを祈願する神様として信頼されています」と立て札に書かれていました。
私が好きになったのはこの文章の後にあった最後の一文。

「一説によれば、この地が邪馬台国のロマンを秘めた聖地とも言われています」

一気に邪馬台国がでてくるあたりに、なんだかスケールの大きさを感じてしまいました。
ビバ九州。


ではでは。
[PR]
by strummer_village | 2011-12-27 19:52 | ザ・日常
富貴寺
f0054289_2212548.jpg


こちらへ来てから3度目の富貴寺。
ここは国宝なのですが、
観光客がほとんどいない静かなお寺です。
お堂の中には平安時代に作られた木仏の阿弥陀如来が鎮座しています。
阿弥陀如来の背後の壁や
お堂の壁にぐるりと描かれた壁画も圧巻です。
残念ながら、お堂の中は撮影禁止なので
いつか是非訪れて実感してみてください。
静かで優しい顔の阿弥陀さんを前に
所々が剥がれ掠れた壁画に囲まれ座ると
とても自分がクリアになったような気分になります。
肩の荷がスッと消えるような、そんな感じです。


さてさて国東半島は石の仁王像が有名です。
あちらこちらのお寺に表情豊かな仁王さんがいます。
富貴寺の仁王さんはオトコ前、と覚えておいてください。

f0054289_2212547.jpg



ではでは
良い夜を。
[PR]
by strummer_village | 2011-12-21 21:54 | ザ・日常
大分生活
なんだかんだとバタバタは続いていますが、大分生活だいぶ慣れてきました。
ハハハハハッ この冬から私は南国九州です!とみんなに言っていましたが、
住みだして調べてみたら、ここは九州の上のほうでした。
学生時に12月でも半袖の日がある!
なんて感激した宮崎までは車で5時間。
昨日はみぞれが降っていました。
でもでもでも、負け惜しみをいうと最低気温が高いのです。
だから八王子や京都で感じた顔がひきつる寒さまでは、まだもう少し余裕がありそうです。


私は新しい土地に住みだしたら、そこにある博物館に行きます。
博物館に行ってその土地がどんなところだったのか、いつも調べます。
縄文時代から始まって、どんなふうに人が暮らしていたのか、
どんなものを作ってきたのか、どんな信仰があるのか、
博物館に行くと、いろんなことがわかります。
陶芸とは関係ないように思えるかもしれませんが、
案外、粘土層がどこを走っているかとか、どんな焼き物が作られてきたのかとか
ヒントになることが沢山あります。
そんなわけで今日は、宇佐の県立博物館に行ってきました。
行ってみて感じたのは、今までになく凄いところに来ちゃったぞという気分です。
なんだか国東半島はワンダーランドといいたいくらい、文化が濃いのです。
特に平安時代の仏教文化、
これをみないで大分を観光したことがあるなんて言ってはいけません。
大分では温泉なんて銭湯みたいなものだし、
(200円で入れて、中学生は部活帰りに寄ってゆく)
食べ物が美味しいなんて、
米からはじまり魚、鳥、牛、ブタ、野菜、お茶、
全て作っていて自給率120%の大分です。
美味しくて当然なのです。
(ただし麺類はこれでもかというくらい茹でる。
コシとかアルデンテという意識は低い。これは宮崎もそうでした)
だからもし仏教文化の観光プランを練りたいと思ったら、
まずこの博物館を訪れることをおすすめします。
下手な観光パンフレットであれこれ悩むよりも、
一時間ここをみるだけで、行きたいところがパシッと決まると思います。
是非是非。








さて、博物館の前に今日はチェルノブイリハートを観てきました。
本当は怖くてみることを迷っていたのですが、
先日知り合った移住者の方に誘われて、腹を決めてみてきました。
正直、これはアメリカのプロパガンダかなと思う一面もありました。
アメリカの医者が、ほらチェルノブイリの心臓病の女の子を救ったよ、みたいな。
でもそこに映っている畸形の子供達は特殊メイクでもなんでもなく現実です。
小さい頃読んだSF小説のミュータントという言葉が頭の中を何回もかけめぐりました。
甲状腺ガンの青年や心臓病の少女たち、無気力にどうしろというのだと言葉を吐く親達。
これを観て、
クソッ 何が何でも生きてやると思いました。
福島の原発がなんとかなるだろうといわれている40年後まで生きて、
しっかり見届けてやると思いました。
だから、なんとなく毎日を生きている方、怖くて覚悟がと怖じ気ついている方、
もしよかったら観てみて下さい。


今までは、日本でもNHKがチェルノブイリの特集を組んでいたり、
朝日新聞がルポを載せたりしていました。
この映画にでてくるアメリカの医者が日本の医者にかわっただけで、
どれだけ病気が増えているか、どれだけ正常な子供が少ないか、
震災直前にも、朝日新聞はチェルノブイリ時の強制退避によって消えていった文化について
シリーズで載せていました。
それが、結局はご存知のとおりです。
一体マスコミっていうのは、なんなんだろう、
政府や官僚と国民の関係はなんなんだろう、
そのデータはどんなものなんだろう、
震災以来、頭をひねってばかりです。

福島に住む人が、電話で私の命なんて軽かったのよと言いました。
彼女の命が軽いのなら、私の命だって軽いのです。
たまたま彼女が福島にいただけで、
たまたま私がここにいるだけで、
どんどんボロがでてくる今の原発政策では、
いつ立場が逆になってもおかしくないのです。
私たちはもっともっと頭を使って考えなければならないのです。
政府やマスコミが言うことを聞き流すことはやめて、
もっともっと考えていかなければと思うのです。
水が汚染された、土が汚染された、木が汚染された、ごみ焼却場がとんでもないことになっている、
点と点だけでだされて、タダチニ影響ハアリマセンと繰り返されるまえに
自然が汚染されたらどうなるか、
きちんと線を結んで自分にどう影響するかを考えていかなければ
いつまでたっても、わたしたちは自分の命も大切な人の命も
軽く扱かわれることを黙認してしまうのではないでしょうか。
福島を離れれば離れるほど、情報量は少なくなり
もう原発の事故は収まっていると思っている人に会い、
とても歯がゆく思ったので、
それにWHOが認めている放射能の影響が甲状腺ガンだけで、
心臓病や畸形等はなぜかカウントしていないことがとても気色悪く感じるのですが、
今夜はここまで。

陶芸という商売柄、土や木、水の汚染がどうしても悔しい。
そしてその土地に伝承されてきた色々なこと、土の記憶、人間の暮らしが
どこかのバカヤロウに寄ってたかって踏みにじられることなんて
もう二度とごめんだと思う。
そしてつまらない自粛もうんざりごめんだと思う。

ではでは
クリスマスムードが全く感じられない漁村より
良い夜を。
[PR]
by strummer_village | 2011-12-17 23:52 | ザ・日常