万房製陶所日記。
by strummer_village
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ザ・日常
展示会日和
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
4寸龍の鉢
f0054289_20102517.jpg



学生のときに友人が部屋に泊まりにきて、
近くの古道具屋で手に入れたと言って
へなちょこな龍が描かれた蕎麦猪口をくれました。

それ以来、龍に魅せられてしまって
やれウナギ犬みたいな龍の陶片だの、
へなちょこだけど目力が強い龍だの、
挙句は尻尾のフサフサを描き忘れられた龍だの、
あまり格好良くない龍が私のところに集まってきています。
そんなわけで美術館に文様採集に行っても
つい龍に目がいってしまい、
ハッと気づくとノートに龍ばかり書き写しています。
意外と中国の皇帝が使っていた五本爪の龍が
かなりなマヌケ顔なのも嬉しいかぎりです。

さて来年は辰年。
ここぞとばかりに龍を描きました。
是非、ご笑覧下さい。



○個展
黄色い鳥器店@国立市
11月3日~13日まで。
[PR]
by strummer_village | 2011-10-29 19:47 | ザ・日常
鉄絵 兎の碗
f0054289_12272536.jpg



iPhoneアプリで写真投稿ができることを発見。

兎。
他にも黄色い鳥器店さんという名前から
なぜか作りたくなってしまった鳥柄や
蓮、龍などなど。

黄色い鳥器店、個展開催は
11月3日から13日まで。(7日はお休み)
秋の国立へ、是非。




さて、ここで一つ訂正があります。
名古屋サハンさんで開催の御飯の器展、
開催が来月でした。
うっかり今月と勘違いしていました。

正しくは
11月19日から27日になります。
どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by strummer_village | 2011-10-28 12:11 | ザ・日常
11月3日より黄色い鳥器店で個展です。
タイミング悪く、またもやモデムが不調。
携帯からピコピコ打っていますが、
写真がどうにもアップできなくて涙目です。
これぞというものが幾つも焼けているのに無念。。

さて3日より国立にある黄色い鳥器店さんで個展ですが、
5日には、なんとフルタヨウコさんが
私の器を使って料理を作ってくれる会があります。
予約制ですので、是非お早めに申し込みください。
詳細は黄色い鳥器店ホームページ、
お知らせのコーナーをご覧下さい。

http://kiiroi-tori.com/oshirase/







さてこの展示後、大分に移転することにしました。
東京で作る最後の器、
なんだかんだと悩んでいてもどうにもならないと
ひたすら手を動かして作りました。
次の町ではどんなものを作るようになるのか、
自分でもドキドキしています。
今、こうやって上手く器が作れているときに
遠くへ移転することに悔しさはありますが、
焼却施設や下水施設からも、
まだ放射性物質が検出される現実を思うと
自然の材料を扱う以上、
なるべく気持ちよく器を作ることに
集中したいなと思いました。
木を燃やして釉薬に使う灰をつくるにしても、
土を掘るにしても、
原発による環境汚染は、私の好きな陶芸や生活に
嫌な影を落としつづけています。
原発なんて、まったくなんて暗いものを
私達は手にしてしまったのだろう。
とにもかくにも、この怒りをけして忘れずに。

ごきげんよう。
[PR]
by strummer_village | 2011-10-27 15:54 | ザ・日常
窯出しの日
f0054289_11571225.jpg


「それでなくっても秋ってのは寂しくなるものだろ」と
近所のおばあちゃんの口からでた言葉に、なぜか胸がきゅっとなってしまった本日、
わたしもそういう詩みたいなことを言える人間になりたいものです。

11月の個展にむけてちゃくちゃくと作業中です。
本日でカンヅメ4日目。
今日こそは食料を買出しに行かなくては。
今回の窯では、飴色のいつもより爽やかな発色のものとか豆皿等々良いものができました。
春に京都で淡路島の珉平焼の龍の小皿を手に入れたり、
高幡不動の骨董市で手に入れた豆皿や
たまたま黄色い鳥さんで見せてもらった白磁の豆皿を参考に
針で線を彫り、そこに呉須を塗るやり方で文様を浮き立たせています。


さて10月はグループ展が3つあります。

まずは諏訪、そして京都と名古屋。
どこも秋の観光にぴったりの街です。ご旅行がてらに是非!

○10月9日、10日
「真澄×一品更屋 諏訪大酒器展」 セラ真澄(宮坂醸造・諏訪)
http://sara-ya.com/rinsuwa_suwadaisyuki.html

○10月12日~31日
「女子4人展」 ギャラリー直向 (京都寺町)
庄司千晶、生形由香、長谷川風子、水垣千悦


○10月19日~27日 ごはんの器展 sahan (名古屋)



○個展

黄色い鳥器店 (国立)
11月3日~13日
[PR]
by strummer_village | 2011-10-06 11:58 | ザ・日常