万房製陶所日記。
by strummer_village
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ザ・日常
展示会日和
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
本と器展@恵文社 開催中
f0054289_22193198.jpg



京都へ行って来ました。
恵文社では只今「本と器」展ミズガキワールド展開中。(29日まで)

普段の展示会では、器のはなしが100%という雰囲気になるのですが
今回は本の話がそこに加わって、いつもと違う空気で面白かったです。

私は本や音楽、それに器を通しての会話が好きだなと再確認しました。
ある意味ベクトルがアニメに向っていないだけのオタクです。
今回、そんな私のオタク心をくすぐったのは
さりげなくお店の棚にあったジョーン・ジェット写真集。
ウルフヘア、全身タイツみたいな衣装、ひたすらR&Rの女王ジョーン・ジェット。
しかも前文はキャサリーン・ハンナ
(元ビキニキル、元ル・ティグラ、現ビースティーボーイズの嫁)
思わずこの発見を興奮していると悟られないよう
なるべく冷静を装ってお店のSさんに話していたら
ラナウェイズ時代の写真をみたSさんは一言「うわっ 女子プロみたい」。。
あまりにも的を得ているその発言に素直に納得。
納得しつつも、ジョーン写真集は我が家に。
当分、我が家に来る人達の視界にさりげなくいれる予定。

恵文社さんはとてもフトコロの深い本屋さんで
雑誌「天然生活」に載っていたりするのでロハス系かと思いきや
BGMでケルアックの朗読が流れていたり同人誌「野宿野郎」があったり。
そういえば夏の陶イズムで料理を作ってくれた山戸ユカさんの本も沢山。


さてさて、京都へ行ってそれから金沢で21世紀美術館に行って富山で仏像展みてと
ひそかに盛り沢山なことを目論んでいたら、
思いっきり風邪をひいてしまって
会期2日目には京都から真っ直ぐ自宅へ戻ってまいりました。残念。
ちょうど京都で凄い李朝の器をみたので
そのせいで全身鳥肌なのだと思っていたら、どんどん具合が悪くなって
風邪で寝込むこと3日、
その間にやっぱり恵文社で手に入れた大竹伸郎やコクトーの本に浸っていたのですが
どうにも煮え切らない風邪で抜けきらない。
それでこの際にとずっと後回しにしていたウエスタンDVDの「白夜の決闘」をみたら
もう「テルマ&ルイーズ」並みに諸悪の根源はオマエだ!とツッコミをいれたくなる人が主役で
観た後にどっと疲れが。
そしてその後に一気に発熱。無事風邪菌が抜けてゆきました。
煮え切らない風邪にかかってしまった方には是非「白夜の決闘」。


恵文社HP http://www.keibunsha-books.com/













ここ最近の中国問題で友達からいきなり物騒な冗談がでてきたりしてドキリとする此の頃。
私は反日デモの風向きが、例え鎮圧されてしまうとしても
反政府デモになりはじめているという報道に希望を感じる。
小学校の図書室で東京大空襲と広島長崎の原爆写真集をみてしまったときから
すぐに戦争という言葉を持ち出すのはよくないなと思う。
私はイランの映画監督モフセン・マフマルバフの
「もし米軍が爆弾ではなく本を落としていたら」という言葉が好きだ。
[PR]
by strummer_village | 2010-10-25 23:40 | 展示会日和
「本と器」展@恵文社(京都)
f0054289_041153.jpg



10/16(土) から 10/29(金) まで。

秋の京都へ是非。



恵文社HP http://www.keibunsha-books.com/
[PR]
by strummer_village | 2010-10-15 09:08 | ザ・日常
4寸鉢
f0054289_052744.jpg




この間、新聞にターシャ・テューダの言葉が引用されていたんですが
「なんのために絵本をかくかって?それは庭にもっと沢山球根を植えるためよ」
みたいなことが書かれていて、
あぁこの人は、ただのコスプレ婆さんではなかったんだなと見直しました。
私の頭の中では、ターシャ・テューダと森茉莉が横一列に並んでいます。

それはともかく、最近ボブ・ディランの息子にはまっています。
私はボブの「新しい朝」というアルバムジャケットの顔が大好きなんですが
息子のジェイコブの顔がこの域に達していてシメシメと思ってます。
今までちょっとボブ+プリンスという危うい美男子顔だったのですが
40を越えて渋みが加わったのと、
父親みたいにいきなり顔を白塗りにしなそうなマジメな雰囲気がバッチリ。
さらに曲がカントリー寄りになって、ちょっとどころじゃなくかっこいいのです。
さらにさらに、なんだかふてぶてしそうなバックボーカルを従えているな、
でも見たことある顔だなと思っていたら
元ヘナチョコガールパンクバンドCUBからカントリーに転向したネコ・ケースと
元ロックAティーンズの女の人。
そこに下ばかり向いてアコギを弾いている稀有な人が加わって
それはもうかっこいいのです。

http://www.youtube.com/watch?v=NC0-L6C-kmo&feature=related

ではでは
展示会前のヒリヒリ感も本日まで。
明日は器をどう並べるか頭の中を整理せねば。
[PR]
by strummer_village | 2010-10-15 00:39 | ザ・日常
たっぷりの事務仕事
f0054289_1456281.jpg


個展前、相変わらずのソワソワです。
今日はためにためている事務仕事にちょっと手をだしてみましたが、
すでに逃げたい気分です。

さて写真は輪花皿なんてかわいいものではありません。
どっしり重い灰皿です。
思えば幼稚園のときに、父の日に鳥の形の灰皿に色を塗って贈ろうというのがありました。
もちろん幼稚園児がつくるくらいなので、見た目もイマイチで
使われた記憶がありません。
そういえば、あのいかにもアメリカンな金髪マッチョ(もしくはグラマー姉さん)、
バイクか大きな車、それに広大な砂漠、その他諸々満載の
マルボロやラッキーストライクのCMがなくなって
ちょっとつまらないななんて、思ったりする本日です。

京都、恵文社さんでの個展は土曜日スタート。
読書の友であるあれやこれやの器から日常の器まで、
展示会前独特の不安にとりつかれ、色々作りました。
是非ご高覧下さい。


個展
「本と器」展
10月16日―29日まで


恵文社HP
http://www.keibunsha-books.com/
[PR]
by strummer_village | 2010-10-14 15:49 | ザ・日常
個展まであと3日
f0054289_21353963.jpg


個展用の器を発送したら、
妙に家の中がポッカリしてしまいました。
最近、家中が器だらけだったので
いざ手元から器が離れていったら、展示はうまくいくだろうかと
変にどぎまぎしている秋の夜です。

今日は見事にとがった三日月。

さてこの写真の器は、猫用に作った小鉢です。
「本屋なので本屋らしい展示がしたいです」と打ち合わせでSさんが言ったとき、
私は本といえば猫だなとぁとぼんやり考えていました。
猫好きにしか通用しないことですが、
本を読んでいるときに、膝の上に猫がいるっていうのは
なんとも良い気分なものなんです。




ところで先週は、アンデルセンの「即興詩人」を読んでいたんですが
それはもう都合のいい筋書きで、忙しくて血眼のときにちょっとずつ読んでいたので
もう読むのをやめようと何度思ったことか。
だって「振り返ったら、なんと彼はあの幼いころの我が友ナントカカントカではないか」とか
ここぞのピンチな場面で必ず昔の知人がでてきて助けられ、
その連続で強引すぎるハッピーエンド。
いやはや アンデルセンは「絵のない絵本」が私は一番好きです。
そして博多の古本屋さんが、東京の3分の1くらいの値段だったので
つい大人買いしてしまった器の本が部屋に山積み中。
今読んでいる料冶熊太の「小皿の蒐集」は、ただの骨董自慢本じゃなくて
縄文人と弥生人、それに渡来人の流れから見る陶器の移り変りを書いていて面白いです。
そんな面白い本を読んでいるのに、
乱読なのでさっき本屋さんに寄ったときに、つい谷川俊太郎の「詩めくり」を買ってしまいました。
奥が深いような深くないような詩が365日分。

さてさて16日は恵文社さんに在廊です。
アリ地獄です。 欲しい本がたくさんある本屋さんです。
おや、ミズガキが見当たらないぞというときは、
立ち読みしながらチラチラ展示場に目をやっている不審な人物が私です。


良い夜を。
[PR]
by strummer_village | 2010-10-13 22:43 | ザ・日常
個展のおしらせ
f0054289_041153.jpg



10月16日(土)から29日(金)まで
京都の恵文社にて個展をおこないます。

恵文社さんは雑誌にもよく載っているとってもおしゃれな本屋さん、
と言ってみたくてたまらないのですが
実はとてもマニアックな本屋さんです。
テーマ別に本のコロニーができあがっているんですが、
それがまた普通の本屋さんにあるものがなくって、
え、こんな本が世にでていたなんて。。と思うものが当たり前の顔をして置いてあります。
初めて親からおこづかいをもらったときから、
部屋中を本で埋め尽くしたいと夢見て本屋さんに貢ぎつづけてきた者として、
本屋さんで展示ができるなんて、器を作っていて良かったなと心底おもう毎日です。





さて話しはかわって博多にいってきました。
博多ハカッタナ へうげもの というわけで
博多ラーメン(節ちゃんラーメンと一蘭)を2回、もつ鍋(幸)を1回食べて、
佐賀の幡随院長兵衛という日本酒と九州全土の芋焼酎を飲んで帰ってきました。
ものすごく久しぶりに副島さんに会って、
一年ぶりに山本亮平さんに会ってきました。
二人ともパパの顔になっていて良い感じでした。
で、唐津の土事情とか黒唐津についてとか
あとはお客さんから薩摩焼のことを色々教えてもらって、
実りある秋を過ごしてきました。
あ、でも肝心の窯跡情報を聞き忘れたのが心残りです。
酔ったふりして内村槙太郎さんから井戸茶碗の釉薬について、
ヒントを聞き出そうと思っていたのに、
うっかりまじめに酔ってしまって近寄りもできませんでした。

あぁ残念。
そして今回の宴、最後の最後まで二本足でしっかりたっていたのは
講談社のエフ沢さんとエス原さん。
散々飲んで、あぁもうこりゃだめだと宿に帰ろうとする私とスズキヨーコさんを尻目に
とっても涼しい顔で、屋台にラーメン食べにいこうと言い放っていました。
出版社の人達は、ものすごくタフだという噂は本当なんだなと実感しました。

ではでは。
[PR]
by strummer_village | 2010-10-12 00:43 | 展示会日和
蕎麦の器と酒の器
連日お知らせばかりでなんですが
マンスリーミズガキです。
ここ数ヶ月、この10月にむけて半端じゃなく気合が入ってました。
が、さすがにガタがでまくりのこの体。
背中も指も腕も膝も腰もなんだかアブナイ気配。
しかもジンマシンは出るわ アレルギーはでるわ
見事にヨレヨレなんですが、秋は食べ物が美味しいので
全く顔に悲壮感がにじみでません。
とりあえずこの一週間、あと少し作るものを作って
あと1回、窯を焚くと京都へGO。

さて その前に
10月13日~19日まで
新宿伊勢丹5階のたち吉コーナーで
伊賀の安永正臣さんと「蕎麦の器と酒の器」をテーマに展示をします。
安永さんとは3月に益子の陶イズムという大宴会で会って、
このヒゲ兄さんはなんだかすごいぞと一目置いていたので、
ひょんなところで御一緒できて光栄です。
私は白磁の器と染付けの蕎麦猪口を出品。
安永さんがどんな暴れ馬をだしてくるか楽しみです。

f0054289_1434460.jpg

ちなみに蕎麦猪口、蝶を描いて鹿を描いてその他諸々色々と描いて
最後の1個をどうしようってときに、頭の中をよぎったのは
ここでイノシシを描けばイノシカチョウがそろう!ってわけで、
先着1名、花札柄がそろいます。オメデタシ。

さて明日(今日?)は吉祥寺プロム・ナドゥさんで古いお盆と丼展の初日。
途中ちょっと抜けたりしますが、在廊予定です。
お近くを通られるときは是非!


(そして明後日は博多にいます。打ち上げはモツ鍋ときいてチョロッとテンションあがりました)

ではまた
ごきげんよう。





○個展

10月16日~29日
「本と器」展   恵文社@京都


○グループ展

10月7日~12日 グループ展
「古いお盆、どんぶり、小皿、豆皿」展  プロム・ナドゥ@吉祥寺

10月8日~18日 グループ展
へうげもの九州急襲       紺屋ギャラリー@博多

10月13日~19日 安永正臣さんとの展示
蕎麦の器と酒器展   新宿伊勢丹5階たち吉スペース

11月10日~22日 
茶ガール      新宿伊勢丹
[PR]
by strummer_village | 2010-10-07 01:52 | 展示会日和
イベントのおしらせ
10月8日から、へうげもの@博多に参加します。

世の中が3連休ということをすっかり忘れていて、飛行機が高かったので
朝6時の新幹線に乗ってヨーコさんと博多入り(の予定)
新幹線で博多って何時間かかるんでしょう?
個展直前であまりにも目まぐるしいので、
新幹線ってのはなんだか降って湧いてきた休憩時間みたいで嬉しいです。
そうそう、移動の間は
うつらわばでKOYUさんが使っていたカオシレーターという手のひらサイズの電子楽器で
一人トリップするのもいいなぁと買う気満々でいたら、2万円近くもするお値段。
KOYUさんが言っていた「3000円」って値段は一体どこから。。。。。

とりあえず富士山がみえますように。

f0054289_054683.jpg


【HAKATTANA へうげもの九州急襲】

会期:2010年10月8日(水)?17日(日)
会場:福岡市・konya gallery
    福岡市中央区大名1-14-28 #2F
   同・松楠居
    福岡市中央区大名2-1-16
    福岡市営地下鉄天神駅&赤坂駅より徒歩約10分 
営業時間:12:00?19:00  
参戦作家:
〈へうげ十作〉
大江憲一 大江志織 かのうたかお 栢野紀文 金理有 
小孫哲太郎 篠崎裕美子 鈴木陽子  田村一 二階堂明弘
松本治幸 水垣千悦 横山拓也 
〈九州勢〉
井上公之 内村慎太郎 古賀崇洋 竹花正弘  副島孝信 
中原真希 馬場真理子 村山健太郎 望月優 森山寛二郎 
安永頼正 矢野直人 山本亮平 
〈with〉
他社比社/シマダヒデアキ(L.S.D.)/feat.山田芳裕
開幕酒宴:10月8日(金)19:00 ? konya galleryにて
     一品持寄りまたは参加費5百円
主催:HAKATTANA実行委員会
共催:佐賀大学「ひと・もの作り唐津」プロジェクト 
   TRAVEL FRONT 講談社モーニング編集部
協賛:株式会社幡随院長兵衛 井手酒造有限会社(佐賀) 
   杉本酒造合資会社(鹿児島) 
   八鹿酒造株式会社(大分)
協力:BEAMS 紀伊國屋書店福岡本店 
   ジュンク堂書店福岡店 あおい書店博多本店 
   福家書店福岡店
関連サイト:
 佐賀大学「ひと・もの作り唐津」プロジェクト
 モーニング公式サイト『へうげもの』  
 へうげものofficial blog
ツイッター :
 佐賀大学「ひと・もの作り唐津」プロジェクト 
 HAKATTANA へうげ十作 へうげもの
お問い合わせ:
 0952-28-8345(事務局)
 092-984-6292(TRAVEL FRONT)
[PR]
by strummer_village | 2010-10-05 01:26 | ザ・日常