万房製陶所日記。
by strummer_village
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ザ・日常
展示会日和
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
作業
f0054289_21133288.jpg


作業・作業・作業

と唱えていたら

なんだか「セブン・セブン・セブン~」とウルトラセブンの歌が自然に口から出てくる本日です。


わたしの年代は、
ウルトラマンならセブン
仮面ライダーならアマゾン、と
見事に王道からそれてます。

あ、小さい頃、再放送で包帯グルグルまきでバイクに乗ってるヒーローものがあったんだけど
とこの間、友達に話したら
「月光仮面のアレは包帯ではありません」と言われました。

そうでしたか。
ミイラ男の一種だと思っていました。


ではでは。
夏休みに入って、そこら中に子供がわんさか出現。
ごきげんよう。
[PR]
by strummer_village | 2009-07-20 21:14 | ザ・日常
駅のホームで目撃
電車待ちの列で

あ~今日も一日クタクタですな、としみじみしていたら

最前列にいた女性が、電車の到着アナウンス直後に線路に転落。

これにはもうビックリ仰天で、周囲も騒然

電車を止めるボタンを押しに走る人や駅員を呼ぶ人、

落ちた女性は線路の上でぐったりしているしで

うわわわわ…とドキドキしていたら

男性が3人線路に飛び降りて、女性を抱え上げたところでまた周囲から悲鳴。

えっ?と思ったら、なんと駅に電車が入ってきたところで

ヒエー これはもう助からない…と息をのんでいたら

ほんの10m手前で、電車がとまりました。


もう 本当にそのときは涙がでそうでしたよ。


女性はどうも貧血をおこして落ちたらしく
放心状態の真っ白い顔から血を流しながら担架で運ばれる姿は
ものすごく痛々しかったです。

ちなみに助けた3人の男性は、みんなバラバラにホームのあちこちに散らばっていって
ちょっとかっこよかったです。



体調が悪いときや、ものすごく眠いときは
絶対に最前列には並んじゃいけないなと思いました。
あと、黄色い線の外側を歩くのもやめようと。


みなさんもどうかお気をつけて。
[PR]
by strummer_village | 2009-07-19 01:32 | ザ・日常
豆粒人間
朝、ふむふむと新聞をみていて
思わず

ムムムッと唸ってしまいました。



万房製陶所の名付け親である人が
その他大勢の豆粒大で小さく写真の隅にうつりこんでました(笑)


早々にメールしてつっこんでみたら
確かにアタシだわ…

ってことで、なんかちょっと得意な気分。


少しだけロクロ作業もはかどったような一日でした。


ではでは良い週末を。
[PR]
by strummer_village | 2009-07-17 23:44 | ザ・日常
肉の日
絵描きの中澤さんたちと焼肉。

クニコ・ムコーダ流に
朝昼と あっさりした野菜中心に食べ
少し気合をいれていきました。

肉。


中澤さんは、星の絵とか石の絵を描いていて
星の絵は、いつか手に入れたいと夢見中。
だって 家の中に星の絵があるなんて
ちょっとうれしくなるじゃないですか。
昼間にも 満天の星空に思いをはせるなんて
いいなぁ


ではでは
ここでは満天の星は見えないけれど
雲の上の もっとずっと先にある幾千万の星たちに思いをよせて

明日もロクロ日和。

ごきげんよう
[PR]
by strummer_village | 2009-07-17 00:33 | ザ・日常
納品のおしらせ
「レースを着た○○」  という言葉を手に入れた日(笑)
なんというのか「プラダを着たアクマ」がもっとリアルでシャカシャカ動いているようなイメージ。
ちなみにものすごく的を得たジャブをだしてくる新道工房さんの言葉です。



梅雨ですよね まだ?
毎朝、これは雨が降りそうだと予測して
畑の水やりをさぼると なぜか雨が降りません。
ちなみに洗濯をするとよく雨が降ります。

f0054289_020279.jpg

田園調布のいちょうさんに納品しました。
新作の象嵌の2寸や三島の4寸鉢などなど。
薬味をちょっといれたり、梅干をだしたりするときに重宝な豆鉢です。
いちょうさんで瀬戸の新道工房さんともお会いして
ものすごく色々と教わったり、なんだかんだと実りある1日でした。
(脱皮したカニも初めて見たし)

さてさて この7月も半ばになると
京都の陶器市に出店する知り合いたちの間で

「どう?」
「いや 今年もなんとかだそうかと…」

みたいな会話がポツポツと聞かれるようになります。

わたしも今年もなんとか。
なんとか今から気合をふりしぼって京都をめざしますよ。
過酷な暑さの中、なんとか最後まで両足でたってられますように(笑)


ではでは

今年の京都は台風とか集中豪雨とか強風とかに見舞われないことを祈って



ごきげんよう
[PR]
by strummer_village | 2009-07-14 00:25 | ザ・日常
納品のおしらせ
朝から

くるまはぐるまくるわばくるえ

という言葉がグルグルグルグル。

おいしゅうございますの岸朝子と名前がごっちゃになっちゃってどうしても思い出せないけれど
岸田今日子のシスターで詩人で絵描きの人の詩の一節なんですが


「くるまはぐるまくるわばくるえ」って

なんだかこっそり遠くへいける呪文みたいです。


さてさて
二子玉川のkohoroさんに納品しました。

「福の字」と白磁の片口、それに秋草の飯椀、4寸皿、汲出しなどなど。
kohoroさんの新着ページに福の字がうつっているのでクリックしてみてください。

「福の字」の嫁入り先が決まって、なんだか嬉しいです。
ちょっとめでたい箸置きとしても、食卓の上の何気ない飾りにも
(ちなみに珈琲職人L-PACKは店の入り口に置いてくれているとか)

貴女の日常に是非「福の字」を!






そして吉祥寺のプロム・ナドゥさんにも納品しました。

三島の4寸皿、飴釉8寸、軍艦鉢、白磁印花3寸皿などなど。

静かですっきりとした陽の光が綺麗なお店です。
井の頭公園の目と鼻の先、ちょっと足をのばして是非是非お立ち寄りください。
わたしはここでみた古い栓抜きが好きです。
あ、栓抜きってこんなに良い形をしていたんだって
新鮮な気分になりました。

ちなみにプロム・ナドゥさんが作ってくれた紹介ページ是非御覧あれ。





くるまはぐるまくるわばくるえで始まった1日だけど
夜は、ウィリアム・カーロ・ウィリアムスの「パターソン」。
この人は、アレン・ギンズバーグの「吠える」に出てくる詩人ですが
ものすごくこのパターソンが長編の詩です。
なんせ分厚い本丸ごと一つという詩です。
ただ会話や手紙、郷土史の断片をおりまぜた形式なので
スラスラと読めるのですが
一冊読み終わったときには、最初がどんなだったかすっかり忘れています。
初めからよんでいくと、一つの流れを感じることができるのですが
さすがに2回目になると、でたらめに開いたページをざっと読んで楽しんでます。

ギンズバーグの「吠える」は、
このパターソンとシカゴ(地名でもバンド名でもなく確か新聞記者だった人)の詩の流れにあるんじゃないかと
こっそり思ってます。

ギンズバーグの詩は「吠える」が有名だけど
高校のとき、授業をさぼって図書室で読んだ
母親のことを書いた詩、これは読み終わったときに泣いた覚えが。
たしか「鍵は窓のところにあるよ」そんな言葉に胸をぐっとやられた覚えが。
[PR]
by strummer_village | 2009-07-10 01:10 | ザ・日常
くるくるまわるもの
この一ヶ月、ロクロをクルクルまわすたびに

あぁ クルクルまわっているのってなんだかいいなぁと思って
やっぱり世界中にクルクルまわるものとチカチカ光るものがあったら
きっとしあわせに満たされるに違いない

なんてことを私が悶々と考えている間に…


工芸の5月の別イベントで同時期に松本に滞在していた旅する珈琲職人LPACKは…




黄金町にお店をつくったとメールが。
(でも一時拠点らしい)




黄金町は、去年のバザールのときに
展示している知り合いに便乗して何回か行ったのですが
ラーメンを食べようとお店に入ろうとしたら
アジア系の店客がものすごいガンをとばしてきて
結局、別の店に行った思い出が。
(そのお店も昼間から酔っ払ってるおっちゃんたちが
険悪な雰囲気でものすごく居心地が悪かった思い出が)



すごいですLPACK。
黄金町に行かれるときは是非。


LPACKのブログ
[PR]
by strummer_village | 2009-07-09 20:52 | ザ・日常
飴釉
今日は久々に飴釉の調合をしました。


いつもは小さいバケツに一杯作る程度なんですが
今回は大きい漬物樽一杯に作って、飴色の器を沢山作ろうと目論んでいます。


飴釉は、いつも分量をきっちり計って調合しても
赤くなったり黄色くなったり、時には幻の黒がでたり緑がかったり
なかなか落ち着かない色です。

だから、毎回、分量どおりに作って試し焼きしたあとに
勘をたよりに透明釉を柄杓でザブンと足してみたり
手元にあるだけの黄色い土の粉をいれてみたり
適当に作ってます。


はてさて 今回はどうなるのか。
とりあえず一発目で飴色がでてくれたらいいなぁと思いつつ
でないときは、今度は何を足してみようかとちょっとワクワクしています。
明日の窯が楽しみです。


ではでは。

よい一日を。
[PR]
by strummer_village | 2009-07-05 20:59 | ザ・日常