万房製陶所日記。
by strummer_village
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ザ・日常
展示会日和
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
鬼ユズ
f0054289_238635.jpg


朝一番に友達から荷物が届く。


その中身は…



鬼ユズ!!
しかも3個も!!!

大きいです。普通のユズなんか目じゃないです。
お風呂に入れると、強烈にピリピリするくらい凄い代物です。




さてさて この鬼ユズは細かくスライスして砂糖を加え
ユズジュースに変身する予定。
少し苦味が効いたこのユズジュース、
ホットミルクにいれたり、カフェオレの隠し味にも使えて
とても重宝なのです。
[PR]
by strummer_village | 2007-11-29 23:13 | ザ・日常
ムカゴ
f0054289_22282458.jpg



味覚の秋!

ムカゴを頂いたので、さっそく塩茹で。
わたしは九州に行くまで、ムカゴの存在を知りませんでしたが、
知ってしまったがもう最後、やみつきです。

山芋のつるにできるこのムカゴ、
山芋のホクホク感とちょっと癖のある味に
ついつい伸ばす手を引っ込められません。


道を歩いていて、このかわいい?ツブツブが目に入ると
居ても立ってもいられない気分になってしまうのは、
この時期、私だけではないはず。


ムカゴ、は美味しいです。
塩茹での他に、バター炒めにしたり
揚げたりムカゴ御飯にしたりと
あれやこれや楽しめるのです。


器は薩摩焼陶片。大きな甕の首の部分にあたります。
[PR]
by strummer_village | 2007-11-12 22:32 | ザ・日常
雑読
f0054289_0194630.jpg


わたしは 本を読むことがどうしようもなく好きなのですが
たちの悪いことに、本屋さんでついつい何冊も本を買ってしまったり
図書館でぎりぎりの冊数一杯に本を借りて来てしまったりするのです。

一冊ずつ読んでいけばいいものを
大好きな本になると、読み終わることがとても寂しいので
何冊かの本を少しずつ読んでいくことになります。
ちょっとケチくさい読み方で申し訳ないのですが
ここ数日、私をドキドキさせている本は


井伏鱒二  「集金旅行」 「本日休診」
倉橋由美子 「大人のための残酷童話」
宇野千代  「女の日記」
久志卓真  「支那の陶磁」


全部短編なため、とっかえひっかえ楽しんでいます。

大好きな井伏鱒二は荻窪に住んでいたのか、と今さらながら知ったり
倉橋由美子は、亡くなる前の新聞での爽快なインタビューを思い出しつつブラックな教訓ににんまりしたり、
宇野千代は、白州正子とはまた別の局面から青山次郎や小林秀雄のことを書いているのが面白く

そして久志卓真は、その知識の森の奥深さに目を白黒させながら読んでいます。

ほとんど、この久志卓真を読むための息抜きに他の本を読んでいるような状態ですが…



10月の末日は、わたしが知るなかで一番やさしさというものを体現していた人の命日でした。
どうか彼女もどこかで良い秋を過ごしていますように。
[PR]
by strummer_village | 2007-11-01 00:23 | ザ・日常