万房製陶所日記。
by strummer_village
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ザ・日常
展示会日和
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
個展のお知らせ@コホロ大阪
f0054289_14234564.jpeg


友達の家で呑んだときに、変なものをそっと置いて帰るのが好きです。
思えば学生時代に等身大の黒猫のハリボテを作って、
素知らぬ顔で友達の玄関先に置いて、
びっくりさせた時のリアクションで味をしめた気がします。
ハリウッドのポストカードがおしゃれに飾ってある友人のところに
さりげなく氷川きよしを混ぜたり、
読みかけと思われる本のしおりを
プリントアウトしたどぎつい頃のジョーン・ジェットに替えてみたり。。。
時々、逆襲にあって泉ピン子が壁の隅に貼られていて仰け反ったりもしましたが。

実は定番で作っている福の字も、最初はこの置き去りシリーズの一員でした。
ものすごくよどんでいる友達の部屋で呑んでいるときに、
なんにもないけれどなにか縁起のいいものがポッケに入っていたら
置いていくのになって思って、そこから作り始めました。
それを展示のときに出してみたら、
箸置きに見立ててくれた方がいて見事昇進。

さて、今回のDM写真につかわれた四角いのも、その置き去りシリーズの一員で、
ドンジャラが好きであの駒をゾロっと並べているのが好きだったな、とか
何かポッケにジャラジャラ入れていたいなとか、
とりあえず色々うつしている文様を描きならべてみたいなとか、
そんな感じで作りはじめました。
お店にちょこっと並びます。

今回は、夏で暑いだろうということで
染付と白磁の展示になります。
美味しい自家焙煎コーヒーとランチプレートが人気のカフェの一角での展示です。
是非。


○2017年7月15日ー7月25日

コホロ エルマーズグリーン コーヒーカウンター
大阪市中央区今橋3-2-2 1階
11:00-19:00















先日、ふと手にした童話館の冊子に目が釘付け。
f0054289_15475239.jpeg
黒犬!垂れ耳!ヘタレ!!というわけで一目惚れ。
久々に絵本を買いました。
ストーリーはざっくり言うと
捨てられた子犬が失職寸前のピエロのおじさんに助けられて双方ハッピーエンド。
良い話です。
2匹目の黒犬さんを飼いだしたら、
散歩でいつも会うおばあちゃんが、
「あんた、絶対この犬があんたを助けてくれるよ。わかってるよ、この犬は」と
しみじみ何度も言ってくれるのですが、、、はてさて。。


f0054289_15594568.jpeg




















[PR]
# by strummer_village | 2017-07-13 15:38 | 展示会日和
2人展のお知らせ@暮らしのうつわ花田、東京
f0054289_14302391.jpeg

梅雨が来てしまいました。
ツユなんて爽やかに言っているけれど、
これは雨季の一種なんだろうなと気づき、
湿気ムンムンな中、器を作っています。

さて、暮らしのうつわ花田さんで7月8日まで野口悦士さんと2人展をしています。
花田、というと制服をピシッと着たお店の方達が
足音を立てずに歩き回り、
そして何かを尋ねたら落ち着いた声で簡潔に答えが返ってくるイメージがあって、
うわー 在廊中しっかりしていなくちゃと気が重かったのですが、
なぜか皆さんピシッとしていながら個性がダダ漏れ状態。
さりげなく一人一人にくっついて様子を伺っていたのですが、
もうみんな粒が立っていて、これが花田のすごさなんだなと改めて思いました。
そして器の説明も人を惹きこむ何かがあって、
花田オリジナルのデリサという土鍋開発のアレコレをうっかり聞いてしまい、
もやもやと欲しくなっています。おそろしや。

今回初めて野口さんに会ったのですが、
野口さんが発明した焚き口が前後に入れ替わるスイッチバック形式の窯や
器を焼くときのオリジナル技法の話がすごいすごい。
目からウロコな上に、
2日前までデンマークで窯のワークショップをしていたなんてこともサラリと。
疲労感を感じさせない爽やかさにすごいなと思いながら
大分に帰ってきました。

在廊中、スキを見てダーっと九段の坂を下り、
神保町の隅っこで有田の窯跡の遺跡調査書を2冊買ってきたのが唯一のお買い物。
陶片の写真を見て当分うっとりします。

野口悦士×水垣千悦 二人展
2017年6月28日ー7月8日(土)まで
午前10時30分〜午後7時
花田ギャラリースペース(2階)



○今後の予定

7月15日〜 コホロ大阪 (個展)
















f0054289_15224089.jpeg

今回初めて愛犬2号のキョンちゃんをペットホテルに預けてみたのですが
迎えに行ってみたら、なぜか2匹とも机の下にいてショボン。
いつもはゲージのある部屋から連れてこられるので
アレレッと思ったら、、、
2日間、散歩の時以外は預けた時にもぐりこんでいた
このテーブルの下から出てきませんでしたと聞いて
家でゲージを使って練習したけれどダメだったか〜と
飼い主もショボンと平謝り。。

ビビり犬2匹の先は長い長い。


では 梅雨バテに気をつけて
良い1日を。
















[PR]
# by strummer_village | 2017-07-01 15:31 | 展示会日和
「初夏の酒器と肴のうつわ」展@ノビル舎、富山
f0054289_11172202.jpeg


18日まで、富山のノビル舎さんでのグループ展に参加しています。
数年前まで、京都五条坂の陶器市に参加していたのですが、
掛江さんは大通りを挟んだ斜め向かいのところにちょうど出店されていたので、
ちょこちょこその前を通っては、かっこいい器だなと横目でチェックしていました。
でも一番かっこよかったのは、京都特有の湿気と国道9号線の排気ガスの中、
燦々と輝く太陽を浴びながら悠然と座っている姿でした。
なんせ40度をあっさりこえる真夏の京都で
朝の9時から夜の10時までの4日間。
時々救急車がやってきては、
熱中症でヨレヨレになった出店者やお客さんがそっと運ばれていく
多分日本一過酷な陶器市だと思うのですが、
喧騒の中、静かに陽を浴び続ける姿に
この人にはかなわないなと心底思ったのでした。
そんなこんなのグループ展、是非。

「初夏の酒器と肴のうつわ」掛江祐造、津坂陽介、水垣千悦
2017年6月8日ー18日
10:30ー18:00
富山市五福4178-17
ノビル舎アトリエ
















[PR]
# by strummer_village | 2017-06-16 11:58 | 展示会日和
そば猪口のすすめ@岡山、アートスペース油亀
昨晩、愛犬2号さんがなんだか不思議な吠え方をしているので
外に出てみたら蛍が舞っていました。
あっという間にそんな季節。
5月20日から6月11日まで、
アートスペース油亀さんのそば猪口イベントに参加しています。

f0054289_8213531.jpg


いつも面白いDMで意表をついてくる油亀さんに、
色とりどり、日本全国あちこちから届いたそば猪口がズラリと並んでいると思うと
ちょっとワクワクしてきます。
私は染付とミニ猪口、それに大きい刷毛目のそば猪口で参加しています。


岡山は、いつも新幹線で通り過ぎてしまう街なのですが、
冬に愛知に住む知人と、大分と愛知の真ん中あたりでお茶をしようとなったときに
では岡山で、となった街でした。
本当に真ん中なのかわからないけれど、なんとなく岡山。
結局、あれこれと色々重なって流れてしまった約束でしたが、
調べれば調べるほど岡山は地味だけれど不思議な街で、
たまたま読んでいた本には、
岡山には体育館くらいの大きな古本屋チェーン店があると紹介されていたり
喫茶文化が根付いていて、ちょっとレトロなお店が多いらしいとか
初めて聞くような名前の料理があったりなんだかんだ色々。
いつか岡山に行ける日まで、ムクムクと期待と妄想を膨らましておきたいと思います。

ではでは 良い一日を。


○今後の予定

6月8日ー18日
初夏の酒器とうつわ@富山 ノビル舎
掛江祐造さん、津坂陽介さんとのグループ展

6月28日ー7月8日
野口悦士さんとの2人展@東京 花田

7月15日ー
個展@大阪 kohoro











[PR]
# by strummer_village | 2017-05-20 08:50
個展のお知らせ@京都
4月19日から23日まで、
京都の下鴨にあります川口美術にて個展をおこないます。
f0054289_9295569.jpg


小さい薪窯を作って1年。
集落のやさしい方達のおかげで薪も手に入り、
なんとかがむしゃらに焼いていますが まだまだ四苦八苦。
窯を開けてみたら白磁がほぼ全滅だったり、
温度が急激に上がったのか、上の段に入れていた花器が
見事に全部割れていたり。
どちらかというと半分私が燃え尽きかけていますが、
その分ハッとするような器が焼けていたり、
案外、灯油窯と変わらないものもあったり、
延々と続く高台の目跡を取る作業にグレそうになったり。
焼くたびに寿命を縮めているような気もしなくはありませんが、
なぜかまた焼きたくなるのが陶芸の魅力なのでしょうか。
今日もせっせと薪を割っています。

そんなこんなで薪で焼いた三島や刷毛目、結局灯油で焼いた白磁や染付の器等々
あれこれを是非ご笑覧ください。

川口美術
京都市左京区下鴨宮河町62-23
11:00ー18:00








ヨレヨレの飼い主を横目に犬達はのどか。
2匹の見分け方は、足とお腹が白いのがキョンちゃん。
f0054289_1054122.jpg


時々小さいのも日向ぼっこの仲間入り。
f0054289_1073086.jpg










[PR]
# by strummer_village | 2017-04-18 09:55 | 展示会日和